芝生・苗の販売業者ならコチラ!おすすめサイト一覧

ホーム > 芝生の苗について > 大きく分けた芝生の分類となる夏芝と冬芝の特徴

大きく分けた芝生の分類となる夏芝と冬芝の特徴

芝生は一般家庭であれば庭に植えられることが多く、その他にはゴルフ場や競技場に公園など様々な場所で利用されています。家庭で植える場合はホームセンターなので苗が販売されているので、手軽に購入することもできてとても便利ですよ。そんな芝生ですが、分類をわけると夏芝と冬芝になります。夏芝は暖地型芝草とよばれており暑い気候に適している芝生になります。夏の間は緑色をしていますが、冬の寒い時期になると休眠期にはいり、芝生の色は茶色に変化します。そのため夏芝の場合は季節に合わせて色合いを楽しむことができ人気がありますよ。もう1つの冬芝ですが、寒地型芝草と呼ばれ気温は15度から25度程度に適しています。暑すぎると綺麗に成長出来ないので寒い地域で利用されることが多いです。また冬芝は冬の季節になっても枯れる事はありませんが、逆に夏の暑い季節になると気温によっては夏枯れという状態になることがありますよ。

夏芝の特徴として温暖な地域で育てるのが一番理想であり、25度から30度が一番成長しやすい時期になります。日本では春から成長が始まり、秋までずっと成長し続ける強さを持っていますよ。とくに一番気温が高く夏などは、驚くほど成長することがあります。ただし冬など気温が下がってくると、自然と夏芝は休眠期に入ります。色も茶色になり枯れた状態になってきます。適した地域は日本であれば、関東か南がおすすめですね。ただし夏芝の種類の1つである野芝の場合は、芝自体がとても強い生育力を持っています。そのため寒い地域となる北海道であっても、耐寒性が高いので成長することができます。西洋芝のなかの夏芝であれば、センチピードグラスやセントオーガスチングラスがあります。ただし西洋芝の場合は寒さにとても弱いので、植えられる地域は関東までと考えておくと良いです。

冬芝の最大の特徴の1つとなるのが、冬の寒い時期でも綺麗な緑色のままという点があります。そのため冬芝を使用した庭やグラウンドなどは、1年を通して綺麗な状態をキープすることができます。冬芝はその名のとおり寒い地域で生育するのがおすすめな芝になり、冬の厳しい寒さにも耐えられる強さを持っています。逆に夏の暑さにはとても弱いので、気温が30度を超えてくると葉が枯れる夏枯れという状態になることがあるので注意が必要になりますよ。冬芝の適した地域として日本では関東より北がめやすになり、特に東北や北海道などがおすすめですよ。ただし冬芝の苗の品種によっては、暑さに対する耐性に違いがあります。暑さにまったく耐性が無いタイプのほかに、ある程度の暑さには耐えられる種類などもあります。日本芝は夏芝しかありませんが、西洋芝には夏芝と冬芝の両方があるので地域や状況に合わせて芝生を選ぶようにするのがポイントですね。

次の記事へ

ページトップへ