芝生・苗の販売業者ならコチラ!おすすめサイト一覧

ホーム > 芝生の苗について > 芝生のなかでも寒さに強く綺麗な緑色が魅力な西洋芝について

芝生のなかでも寒さに強く綺麗な緑色が魅力な西洋芝について

日本芝は暑さに強い特徴がありますが、どうしても寒さには弱く北海道に植えるのは難しい芝になります。そのため北海道で日本芝を利用する場合は、しっかりした知識と合わせてメンテナンスや温度調整などが必要な場合もあり手間がかかります。そんため北海道で多く利用される芝の種類になるのが西洋芝になります。西洋芝には暑さに強い暖地型もありますが、寒さに強くしっかり成長してくれる寒地型の2つの種類があります。寒地型は寒さには強いですが、逆に暑さにはとても弱いので関東より南に苗を植えてしまうと育てるのは難しくなるので注意が必要ですね。西洋芝の特徴としては、日本芝に比べて成長力が高いので葉が伸びやすいです。そのため定期的にメンテナンスが必要になります。刈り取り作業が定期的に必要になるので、手入れの時間が取れない人などには不向きな芝生といえますね。

西洋芝生の特徴として、寒さに強い芝生は冬になっても枯れることなく鮮やかな緑色をしているという点があります。日本芝の場合は冬になると自然と枯れてしまい、休眠期になり色も茶色に変わってしまいます。ただし春になり気温が上がれば、再び葉が緑色に変わっていきます。西洋芝の場合は休眠期自体がないので茶色に色が変化することなく、1年を通して綺麗な緑色を楽しむことができますよ。西洋芝の種類のなかで暑さに強い種類がありますが、日本芝とほぼ特徴に違いはありません。種類のなかでもバミューダグラス類は踏まれた時の耐踏圧性については日本芝以上あり、とても強いという特徴があります。またとても濃い緑色をしているので、一面に芝生を植えると見た目的にとても綺麗です。踏まえる事に強いという点から、競技場などのグラウンドに利用されることが多い種類の1つですよ。

芝生自体は庭やグラウンドを綺麗に管理するために使用されることが多いですが、西洋芝のウィーピングラブグラスは別の使い方を使われるタイプです。特徴として普通の芝生に比べて葉の長さが25センチから50センチと、とても長く成長すると特徴があります。基本的に暖かい地域での利用がおすすめですが、ある程度の寒さにも耐えるほどの強さを持っていますよ。また日本独特の湿気や日陰などにも耐性があるので、どんどん成長してくれる強さがあります。葉が長く伸び強く成長する特性から、庭などで使用されるよりも土壌浸食防止に利用されることが多い種類の芝です。このように芝生といっても種類も違いがありそれぞれ特徴もありますよね。芝生がもつ特性などもしっかり理解して、何処にどのような芝生の苗を植えるのかは、しっかり決めるとより効果的に芝生を活用することができますよ。

ページトップへ