芝生・苗の販売業者ならコチラ!おすすめサイト一覧

ホーム > 芝生の苗について > 芝生の育成方法の中でコストを抑えられるまき芝について

芝生の育成方法の中でコストを抑えられるまき芝について

日本において芝生は日本の庭に植えられることが増えてきており、芝生の苗を利用して育成を行う人も増えてきています。ただし芝生は種類もあり、素人がいきなり苗をうえても美味く育成しない場合が出てきます。そのため植える地域なども踏まえて、気温など適切な種類を選んで苗を選ぶことが重要になります。また苗を利用する場合ですが、ある程度育った芝になるので購入する場合はコストがかかってしまいますよね。そのためよりコストを抑える方法として、まき芝と呼ばれる育成方法があります。マット状の張り芝とは大きく異なり、庭に芝の種をまく方法があります。直接種をまいて育成する方法は西洋芝に見られる方法であり、種を購入するだけになるのでコストをかなり抑える事ができますよ。ただしまき芝の方法には種をまくだけでなく、マット状の苗を利用する方法もあります。

マット状の苗を購入するのであればコスト面でも変わりがないのではと思いますよね。ですがまき芝でマット状を使用する場合は、張り芝のような使い方はせずほぐして使用します。ほぐした芝生を土にませて植える方法になります。張り芝の場合は購入したマット状を庭に等間隔に置き、育成しながら広がるのをまつ育成方法です。ですがまき芝ではほぐして土に混ぜた苗を植えてしよするので、マット状のまま使用するよりもずっと広い範囲に植えることが行えます。そのため同じコストでマット状芝を植えた場合、まき芝の方が範囲を広げて植えられますよ。ただしコストを抑えることで、張り芝に比べて育成に時間がかかるという点があります。芝は自然と葉の量を増やして、徐々に広がっていく性質があります。そのためマット状であれば間隔を開けてうえても、やがて間が繋がって綺麗な芝面にすることができます。

ですがまき芝の場合は土に混ぜた苗を広範囲に植えるので、芝が育成して生えそろうまでに長い期間が必要いなります。また土とほぐした苗の量によって、まいた場所によってムラが出てしまう事もあります。たとえムラがでても時間はかかりますが、芝は自然と広がって育成するので最終的には綺麗に生えそろえることはできます。まき芝を行う場合はマット状の芝の苗が必要ですが、ホームセンターなどで販売しているのは日本芝が一般的です。利用したい種類が西洋芝などの場合は、ネット通販などを利用して購入する必要があります。またはホームセンターに事前に連絡をいれ、西洋芝のマット状苗があるかどうかを事前に確認するとよいですよ。芝はコストを抑えればかなり安くすみますが、育成には時間がかかります。焦らずに来ながら成長するのを待つことが大切ですね。

次の記事へ

ページトップへ