芝生・苗の販売業者ならコチラ!おすすめサイト一覧

ホーム > 芝生の苗について > 芝生の苗を丈夫に育てるための条件について

芝生の苗を丈夫に育てるための条件について

芝生は短い葉は密集して生える植物であり、庭や公園などで多く見かけることが多いですよね。座ってみると芝の種類にもよりますが、ふわふわとしてとても気持ちいいものです。また一面緑色に広がって育成していくので、綺麗に育成した芝生は見た目的にも癒されます。そんなしばふを自分の庭で育成させる場合は、植える方法として張り芝やまき芝を行います。苗はホームセンターで手軽に購入できるので、簡単に芝生を増やすことができるとおもいますよ。ただし芝生の苗をより元気に育成させるためには、様々な条件が必要になります。そのため健康で綺麗な芝を育成させるためにも、良い条件になるように注意することが必要になります。では実際に生育させるために必要な点として気候があります。芝には夏芝と冬芝があり、季節によって生育する時期や気温に対する耐性が異なります。

関東より南に住んでいる人であれば夏芝を選び、関東より北に住んでいる人は冬芝を選ぶ事で気候に適した条件なるので覚えておくことが大切ですね。つぎに芝生を生育に必要な条件として日光があります。他の植物も同じですが、成長するためには日の光を吸収して光合成を行います。芝生も同じように日の光を浴びて生育が加速するので、より日当たりのよい場所を選ぶことがポイントですね。ただ庭が時間によって日陰になるから不安だという時ですが、半日程度日に当たれば生育は問題なく行われます。また日陰でも問題なく成長する芝生の種類などもあるので、植える場所などによって芝の特徴にあった種類を選ぶもの対策の1つです。次に大切な条件となるのが、植える場所の水はけ具合になります。水はけが悪いと芝生の根が腐ってしまったらい、病害虫などが発生していまうこともあります。

そのため水が程度にはけるように、苗を植える際の床土を作る段階で水はけは極力良くなるようにすることがポイントです。水はけの確認方法としてですが、床土の段階でなんどか水まきをしてみると良いです。その段階で水がどれくらいはけるのか確認しておくと分かりやすいと思いますよ。ただし水はけの条件が多少悪くても、芝生自体の生育能力は高いので日当たりを良くするなど別の点を良くする事で元気に成長できます。最後に風通しがあり安すが、芝生を植えた場所は風が通り抜けるような場所を選ぶのがポイントですね。そこまで風通しが重要とまではいきませんが、ある程度風が吹き抜けたほうが病害虫を防ぐ事があります。まったく風が通らないという場所以外でなければ、そこまで気にする必要はないかもしれまえんね。

次の記事へ

ページトップへ