芝生・苗の販売業者ならコチラ!おすすめサイト一覧

ホーム > 芝生の苗について > 10月に行う芝生や苗の手入れ方法について

10月に行う芝生や苗の手入れ方法について

芝生は庭や公園などに植えることが多い植物であり、綺麗に手入れすることで良好な状態をながく楽しむことができます。ですが月によってメンテナンス方法や水やりなどに違いがあるので、ただしい手入れをすることが重要になります。では10月の芝生や苗の状態ですが、成長するための高い気温も落ち着き付いてきます。そのため芝自体の成長が急激に遅くなり、手入れを行う回数自体も減ってくる時期といえます。そのため夏に比べて手入れを行う時間もへり楽になってきますよ。ただし育成している芝生の種類として西洋芝などの寒地型を利用している場合は、逆に成長力が強くなてくる時期になります。そのため夏に比べて手入れのための芝刈りの回数が増えてくる時期になります。芝生の種類として日本芝などの暖地型を育成している場合ですが、芝生の苗などを植える場合は時期としては適していないといえますよ。

暖かい時期に成長するので、10月に植えてもすぐに成長がとまってしまいます。また成長が止まる事で根も十分に張らないので、休眠期に入る際にそのまま枯れてしまう可能性があるので注意が必要な時期といえますね。芝刈りなどの手入れですが、夏ほど急激な葉の成長が無くなるので回数自体は減ってきます。ただし9月などに植えた芝の場合は、根が土に張る時期になるので葉が成長していても刈る事は控えたほうがよいです。10月の水やりですがこの時期は基本的に水を与える必要はありません。ただし年によっては雨が全く降らず、芝生自体が乾燥している状態が続く応であれば水やりが必要になります。もし植える芝生の種類が寒地型の場合は、10月に張り芝やまき芝を行うのに適した時期といえます。気温が下がれば順調に成長し根の張りが進んでいきます。

また寒地型の芝を種まきから育てる場合は、種類の特徴を踏まえて混ぜて植えるのもよいです。種類ごとの良い特徴を活かして、綺麗な芝生が成長する可能性があり期待できますね。低い気温でぐんぐん成長していくので、10月の間に3回ほど芝刈りが必要になると思います。目安としては刃の長さが25mm以上になったら刈るようにすると、良い葉の状態を保ちつつ生育することができます。10月の水やりはまいた種から新芽が成長していくので、ほぼ毎日水をまく必要があります。適切な水の量ですが新芽が浮いてしまうほどの量は控え、芝生の表面が軽く塗れる程度にすると程良いですよ。10月の芝生は種類によって見せる姿は大きな違いがあります。しっかり芝生の状況を見極めながら、正しい手入れを行う事がポイントになります。

次の記事へ

ページトップへ