芝生・苗の販売業者ならコチラ!おすすめサイト一覧

どんな芝生の苗を購入するか

自宅の庭を芝生で一杯にするには、丈夫な苗を購入しなくてはいけません。直接販売店では、売れ残りになると元気がない苗が売られていることがあります。しかし、それでは成育が上手くいかないこともあり、もう一度苗を購入しなくてはいけなくなります。

そこで、まずは苗を比較して、元気で成育の良い苗を購入するようにします。直接販売店に行けば、比較することはできますが、通販だとそうはいきません。写真が掲載されていても、その状態で届くわけではありません。どうしても距離があり、その間が苗の負担になってしまいます。

そこで、通販を利用するのであれば、万が一しおれていたりしたら、交換をしてくれるサイトを選びます。また、売っただけで終わりではなく、その後のサポートも受けられる店選びが大事なのは、通販も、直接販売店も同じです。

タキイネット通販

オススメ度 ★★★★★
使いやすさ ★★★★★
サービス ★★★★
顧客満足度 ★★★★
情報の多さ ★★★★★

タキイ種苗と言えば、さまざまな園芸用品を取り扱う大手企業ですので、タネや球根、苗など、ない物はないと言っても過言ではありません。そのタキイ種苗の商品が買える便利なサイトがタキイネット通販です。ネット通販なら、誰でも購入できます。

ガーデニングをする趣味はないけれど、小さい子供がいる家庭や、愛犬家にとって芝生を敷いた庭は憧れです。タキイネット通販では、10種類の中から、お好みの芝草を購入することができます。地面を覆ったあとは、雑草が生えるのを抑制してくれるタイプもありますので、選ぶ楽しみも生まれます。

芝生を作るのに最適な芝草はいろいろあり、広さにもよりますが、たいていは5000円以上購入すると送料が無料になると思われます。庭一面を芝生で覆うには、そこそこの量が必要になるためです。

春日グリーンアシスト

オススメ度 ★★★★★
使いやすさ ★★★
サービス ★★★
顧客満足度 ★★★★
情報の多さ ★★★

家庭の庭での誰もが思い浮かべるのが、芝生の庭です。そんな一年中、芝生の庭を提供できるのが、春日グリーンアシストの苗しかありません。また、売って終わりではなく、その後の成育のにもフォローをしてもらえます。

また、その成育が素晴らしいことから、犬も喜んで駆け回るようになります。学校の芝生にも力を貸しており、多くの人に認められています。人に認められる実績が人が呼び込み、また新たな依頼を呼び込むようになっています。

レンタル芝も提供しており、イベント会場のデザインに活かすことができます。都心であろうとも、一気に空気を自然環境で満たすことができ、イベントを成功させるきっかけにできます。

テクノターフ株式会社

オススメ度 ★★★★
使いやすさ ★★★
サービス ★★★★★
顧客満足度 ★★★
情報の多さ ★★★★

天然芝生の苗を取り扱っている数多の企業の中でも、洋芝・和芝あわせて四国随一を誇るのがテクノターフ株式会社です。20年以上天然芝生を生産販売している実績があり、天然芝生の育成技術や管理技術には定評があります。

通信販売により日本全国へ天然芝生を配送してくれるのは勿論ですが、対象範囲内の地域であれば管理代行も行ってくれることができます。お手入れが難しい芝生は、プロに管理をおまかせすることが出来れば便利ですね。

四国以外の地域で、テクノターフ株式会社に管理を依頼することができない場合にも安心です。テクノターフ株式会社のウェブサイトでは、芝のお手入れ方法についても丁寧な説明がありますし、トラブルの際やお手入れ方法の不明点などは、気軽にメール・電話・FAXで相談することができます。

e482(イーシバフ)

オススメ度 ★★★★
使いやすさ ★★★★★
サービス ★★★
顧客満足度 ★★★★
情報の多さ ★★★★

e482(イーシバフ)を利用して芝生の苗を購入したい場合は、様々な方法で注文することができるようになっています。ですから自分に最適な方法で必要な芝生の苗を手に入れることができますから、大変助かるのではないでしょうか。

またe482(イーシバフ)では大量発注にも対応していることから、企業の方でもすぐに欲しい芝生の苗を手に入れることができるのではないでしょうか。ちなみにチャーター便を利用することもできますから、費用を安くすることができるというメリットがあります。

ちなみに芝生の管理の仕方や、簡単に手入れする方法などといった情報を提供していますから、個人の顧客の方でも十分に芝生を綺麗な状態に保つことができるようになっています。またスタッフの方に相談することもできますから、悩みをすぐに解決することもできるので、安心して購入することができるのではないでしょうか。

鳥取県芝生産組合

オススメ度 ★★★★
使いやすさ ★★★★
サービス ★★★★★
顧客満足度 ★★★★★
情報の多さ ★★★★★

鳥取県芝生生産組合ではTM9、姫高麗芝、高麗芝、野芝の通信販売を行っています。特に、ゴルフ場や各種グランドなど一般環境緑化に広く利用されている高麗芝は純粋な一本の茎から増殖しており、葉幅の均一な綺麗な芝生を提供しています。1978年から優良高麗芝の選定に取り組み、選抜した高麗芝のほふく茎から1000㎡の原苗を確保・増殖させ1991年には190hPaの栽培面積となりました。1996年には鳥取県園芸試験場生物工学研究所の協力で解析したところ、DNA鑑定で均一なものと証明されました。

鳥取県芝生産組合では、生産から発送まで一貫して行っています。鳥取県より広大な芝の畑から切り出した芝を丁寧に集荷・箱詰め・配送しています。注意すべき点は土日祝日の発送は行っておらず、月火曜と祝日の翌日はお届日指定は出来ません。また、配送上の問題で一回の注文数量の上限が30㎡までとなっています。

鳥取県芝生生産組合では、芝の張り方から芝の育て方までホームページで丁寧に解説しています。芝張りに適した時期や場所から、散水や芝刈りのポイント・年間のメンテナンス表も用意し、芝生の生産から発送まででなく購入者へのその後のサポートも行っています。

芝生専門店

オススメ度 ★★★
使いやすさ ★★★★★
サービス ★★★★★
顧客満足度 ★★★★
情報の多さ ★★★★★

芝生専門店は株式会社白崎コーポレーションが運営する芝生を扱うお店です。この会社は福井県鯖江市の石生谷町で活動していて、営業時間は平日の9時から17時となっています。なお定休日は土曜日と日曜日と祝日となります。

このお店では主に福井県産のマットタイプと鹿児島県産のロールタイプの芝をそれぞれ販売していて、他に花苗や肥料などの販売も扱っています。なおこの2種類の芝は福井県と鹿児島県の農場でそれぞれ育成されていて、現地で切り取りし出荷直送販売を行っています。

ただしその2種類の芝生は配送に時間がかかりすぎること、現地の気候などの問題から北海道と東北と沖縄と離島へは対象外で販売できないとしています。また芝生の切り出しをする場合、雨が多量に降った後や暑い時期などは芝に水分を含みすぎたり枯れたりしやすいので出荷をしないとしています。

芝生の種類の1つである日本芝の特徴

日本は1年を通して4つの四季があり、気温から湿度までめまぐるしく変化していきますよね。そのため芝生は日本には向いていないと思っている人も多くいますが、日本芝は日本の気候や環境に適しています。日本芝の特徴として暑い気温にとても強いので、おすすめな地域は関東から南になります。ですが東北や北海道でも植える事が出来ないわけではないので、しっかりメンテナンスをすることで成長させることは可能です。また日本芝自体にはいくつか種類が野芝などが有名ですが、一般的なのが高麗芝や姫高麗芝になりホームセンターで苗を購入する場合はこの2種類が多く販売されています。そのため手軽に購入することができますよ。また日本芝は1年間の季節を通して様々な色を楽しむことが出来るのも特徴の1つです。

日本芝は冬の寒い時期になると、芝生自体が休眠期とよばれる状態に入ります。本来緑色をしている葉も、冬は茶色にかれてしまいます。やがて春に季節がかわり暖かくなると、芝生も休眠期をぬけて再び葉が鮮やかな緑色に変化していきます。そのため緑色から茶色までグラデーションのように色の変化を楽しむことができますよ。日本は高温多湿な季節があり、芝生の生育環境としては厳しいと思われがちですが日本芝は環境にしっかり適応して力強く成長してくれます。そのため日本各地で多く育てられています。日本芝の種類として野芝がありますが、芝のなかでも自然に自生していることがある種類の1つです。踏まれ事に強く日陰など日光が当たらない環境でも耐性があるので、自然と力強く成長していきます。日本芝のなかでも寒冷地などの寒い地域でも強くそだつので、寒い地域で利用されることが多いですよ。

日本芝のなかでも一番ポピュラーな種類になるのが高麗芝になります。一番日本の風土にあっている芝であり、夏芝ともよばれ見た目も青々とした綺麗な芝になります。生える葉のの幅はとても細かく密集するので、芝生のなかでも見た目がきれいな種類といえます。よく使用される場所としては一般家庭の庭以外に、ゴルフ場で使用されるのも高麗芝が多いですよ。日本芝の中で葉が柔らかくとても綺麗なのが、姫高麗芝になります。高麗芝よりも葉の密度がとても濃いので、植えた場所全体を綺麗におい茂ってくれます。ただし日本芝の中でも成長がとても早い種類になるので、メンテナンスとして定期的に刈り取り作業が必要な上、管理自体が難しいです。そのため素人の人が育てようとしても、枯れてしまう事があるので注意が必要ですね。葉自体が柔らかいので、公園などで使われてることが多いタイプです。

ページトップへ